header_logo.GIF

グローバル・シーは各種コンサルティングで事業発展のお手伝を行っています


お問い合わせは こちら 秘密は厳守します。

最近の記事

2010年12月24日

技術を売るものづくり企業のための 成果の出る「営業戦略 基礎講座」

http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=11338
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃加工技術や受注生産型の中小製造業を対象に、顧客の課題に応じた解決策や
┃新しい技術を提案する「仮説提案営業」の仕組づくり伝授。自社の営業スタイル
┃を見直し、提案営業の基礎から実践方法を身につける講座。

┃締切:2011年1月24日(月)
┃日時:2011年2月3日、17日、3月3日、17日 ※全て木曜、時間は18:30〜20:30
┃場所:大阪産業創造館17階 ルームA
┃費用:18,000円/社 (税込)
┃問合:大阪産業創造館 イベント・セミナー事務局 06-6264-9911
┃申込:WEBサイトよりお申込ください。
┃主催:大阪産業創造館


posted by Mark at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

技術革新フェア2011 介護・福祉、医療分野での活用が期待されるロボット・RTを活用した商品や サービスを紹介する展示商談会。

介護・福祉、医療分野での活用が期待されるロボット・RTを活用した商品・
サービスを展示するとともに、来場者の体験会を開催します。
併催セミナー(インテルの介護・医療分野における取組み〜その狙いと今後の展開〜)では、
半導体メーカーであるインテルの医療・介護分野に特化した事業展開の実績と今後の戦略に
ついてお話しいただきます。

日時  : 2011年2月23日(水)、24日(木)両日とも 10:00〜17:00
*入退場自由、事前申込制
会場  : ATCエイジレスセンター
主催  : ロボットラボラトリー
セミナー: 2011年2月23日(水) 13:30〜15:00
インテルの介護・医療分野における取組み〜その狙いと今後の展開〜
定員  : 150名(満席になり次第締め切り)
参加費 : 無料
申込  : 下記URLより受付 *ユーザー登録が必要です(無料)
*セミナー参加は別途申込が必要
事前申込はこちら

[詳細:お申込]  下記のURLをご覧ください。
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=11450
[問合せ]
ロボットラボラトリー
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3-1600
大阪駅前第3ビル16階
TEL:06-6347-7877 FAX:06-6347-7875 E-MAIL:robo-labo@sansokan.jp
posted by Mark at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ICT企業の医療・健康分野ビジネスへの参入に向けて」の開催

◆京都府では、ICT(情報通信技術)関連企業の医療・健康分野への参入をサ
ポートするため、ICT活用に取り組む医療従事者や企業などを対象にセミナー
を開催します。
[主催] 社団法人京都工業会、財団法人京都産業21、京都府
[日時]1月26日(水)、2月3日(木)、8日(火)、17日(木)、25日(金)
(初回15:00〜18:30、2回13:00〜16:00、3回目以降15:00〜17:10)
[場所]京都工業会館(京都市右京区)
[参加費]20,000円(全5回)
[定員]20名
[詳細:お申込]  下記のURLをご覧ください。
http://www.kyokogyo.or.jp/techno/pdf/wellness_jinzaiikusei5.pdf
[問合せ]
社団法人京都工業会(担当:藤野)
TEL:075-313-0751 E-mail:fujino@kyokogyo.or.jp
posted by Mark at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

お客様の心を動かす『色』の使い方講座」    〜売れない壁は色が破る!〜


 http://r26.smp.ne.jp/u/No/152413/CK5n3gH7ci0D_103395/0112_iro_keisou.html

====================================================■□■

「色」はお客様の共感、感動、購買意欲に大きく影響します。
このモノが売れない時代に「色」で市場を切り開きませんか?

本講座は、近年支部で開催し好評を頂いている「色の知識と使い方セミナー」
の内容をより深めたもので、商品開発や販促、接客やお店の雰囲気づくりに
役立てて頂ける実践的な内容となっています。

「色」について初めて学んでみたい方も大歓迎です。
この機会に是非ご参加ください。


◆日時・場所・定員:

◇日 時: 平成23年1月12日(水)、14日(金)、19日(水)
      いずれも 14:00〜16:00 
◇場 所: 旭・城東・鶴見支部(城東区中央2−12−14 柏木ビル3階)
◇定 員: 20名


◇日 時: 平成23年1月25日(火)、26日(水)、27日(木)
      いずれも 18:30〜20:30 
◇場 所: 東成・生野支部(東成区大今里3−14−27 ITTビル2階)
◇定 員: 20名


◆会場地図:
 各支部の会場地図は下記URLをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/152413/ekvN6iH7ci0D_103395/shibu_tel.html

◆講 師: ナーベルLtd.主任講師 伊熊 知子 氏

◆受講料: 会員 1,500円 / 特商・一般 4,500円
      ※全3回、お一人・消費税・教材代込

◆お申込み:
 下記URLから申込書をプリントアウト頂き、必要事項をご記入の上、
 受講を希望する支部までFAXにてお申込みください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/152413/CK5n3gH7ci0D_103395/0112_iro_keisou.html

 ※講習会開催1週間前に、各会場の地図の入った受講票をお送りさせていただきます。
 ※受講料は、講習会初日に各支部にて現金でお支払いください。
 ※各支部とも定員になり次第締切ります。
  (定員オーバーの場合は、ご連絡させていただきます)
 ※申し込み後キャンセルされる場合は、講座開始1週間前までに必ず受講支部へ
  ご連絡ください。
 
■お問合せ先:
 受講を希望する各支部に直接、電話でお問い合わせください。
 各支部の電話番号は、下記URLをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/152413/ekvN6iH7ci0D_103395/shibu_tel.html


posted by Mark at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

燃えないLiイオン2次電池 ▼▼▼ ┃…┃ 電池の安全設計/パワー・マネジメントの基本と実践技術

http://techon.nikkeibp.co.jp/NE/academy/101208.html


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Liイオン2次電池は,デジタル家電や携帯電話機,ゲーム機,パソコンなど,
様々な電子機器に搭載され,広く普及しています。
今後も,ハイブリッド車や電気自動車,産業や家庭用の定置型電源などに
用途を広げていくと考えられています。


ところが,
機器内の電池の発火事故や不良によって,やむを得ず回収し交換する例が
しばしば発生しています。電池メーカーと機器メーカー各社は,
信頼性確保や品質保証に力を入れていますが,トラブルは根絶できていません。
ハイブリッド車や電気自動車など,Liイオン2次電池セルを多数束ねる例も増加して
います。電池セルの電圧や残量の制御を適切に処理(セルバランス確保)しないと,
充放電サイクル寿命の劣化や発熱などの事故につながる可能性も指摘されています。


一方,電池や制御回路に要求される安全化技術が高度になっているのに,
機器設計者と電池技術者の交流が少なく,電池と制御回路の両方を見渡して
最適化できる場が減少しているという問題も指摘されています。


本セミナーでは,
Liイオン2次電池を安全設計する,安全利用するための全体像を把握できるように,
技術的な話にとどまらず,その背景にある開発に対する考え方や取り組み方を解説。
熱暴走を防ぎ,持てる性能を引き出すパワー・マネジメントの基本と実践技術や,
セルバランス確保における電池パックの役割などについて説明します。


Liイオン2次電池の黎明期から開発やトラブル・シューティング,事業運営に
従事してきた2人の講師がていねいに解説します。


Liイオン2次電池の利用を考えている方,安全利用の対策手法を把握したい方,
電池業界の安全性確保に対する取り組みや最新動向を整理したい方,
電池開発の方向性を検討している方などを対象に,講演を行います。


▲▲▲▲ http://techon.nikkeibp.co.jp/NE/academy/101208.html ▲▲▲▲



┌◆ 開催日: 2010年12月8日(水) 10:00〜17:00(予定)

├◇ 会 場: 化学会館(東京都千代田区)

├◆受講料(税込み):【一般価格】……45,000円
│ 【日経エレクトロニクス読者価格】……38,000円

├◇ 受講特典: 一般価格には「日経エレクトロニクス(最新号1冊+1年間26冊)」
│ の購読が含まれます。ご送本開始はセミナー開催後になります。

├◆ 主 催: 日経エレクトロニクス

├―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
│◇日経エレクトロニクスPremium読者の方は,
│割引優待,または無料(年1回限定)の専用ハガキでお申し込みいただけます。
│ご利用済みの場合,Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
│ ※詳細はこちら⇒ http://techon.nikkeibp.co.jp/NE/NEP/
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎満席になり次第,申込受付を締め切ります。お早めにお申し込みください。

posted by Mark at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。