header_logo.GIF

グローバル・シーは各種コンサルティングで事業発展のお手伝を行っています


お問い合わせは こちら 秘密は厳守します。

最近の記事

2010年06月10日

2010年版ものづくり白書」説明会のご案内  《7/1》

 我が国ものづくり産業は、これまで幾多にわたる危機を乗り切ってきましたが、変化への
対応は、収益基盤を見直し、構築する上で絶好の機会であると同時に、今後の中長期的な成
長力を決するという点で重要な意味を持っています。

 本説明会では、経済産業省製造産業局の川上政策企画官をお迎えし、我が国ものづくり基
盤技術がその発展を支えるべき製造業の現状と課題などについてお話しいただきます。
この機会に、ぜひ多くの皆様にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。


■日時:平成22年7月1日(木)  14時〜15時30分

■場所:追手門学院 大阪城スクエア 大手前ホールC、D
   (追手門学院大手前中・高等学校本館6階)大阪市中央区大手前1-3-20)
 
■定員:80名(定員になり次第締め切ります。)

■参加料:無 料

■講師:経済産業省 製造産業局 政策企画官 川上 一郎 氏

■申し込み方法:経済産業調査会ホームページの講演会案内からお願いします。
        http://www.chosakai-kinki.jp/d_seminar/d_100701/100701.htm
posted by Mark at 18:37| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

大商会員限定!! 毎年人気の工場見学会 平成22年度「モノづくりの現場を訪ねて」入会のご案内


http://r26.smp.ne.jp/u/No/129311/d9ENGhH7ci0D_103395/0708_mono_gen22.html

====================================================■□■
 
大阪・関西におけるモノづくり企業は、世界的な景気後退の影響を受けている中、
国際競争にも勝ちぬくため厳しい経営環境に直面しています。
しかし、この状況に打ち勝つため、優れた技術力と高い品質で競争力を高めている
企業や、生産体制の見直し・人材の技能強化など製造現場における更なる生産性や
効率性の向上に取り組む企業が多数存在します。

本見学・研修会では、このように先進的なモノづくりに取り組む企業の生産現場を
訪問し、ゆるぎない“現場力”を支える生産革新活動、技術継承(人材育成)、
環境保全対策の取り組み等について学びます。

45名限定となっておりますので、お早めにお申し込みください。


◆開催回数: 全5回

◆開催時間: 原則、14:00〜16:30(現地開催時間)
       *見学先へは、大商から貸切バスで移動します。

◆定 員: 45名(FAX先着順)。*但し、同一企業からのご参加は2名まで。

◆年会費: (5回分): 45,000円 ※1人あたり、消費税込み
◆プログラム
  (第1回)
  日 時:平成22年7月8日(木)
   見学先:アサヒビール(株) 吹田工場(吹田市) 
       アサヒビール発祥の地として、100年以上の歴史を持つ工場。
        各生産部門で“手順どおりの工程に沿って生産”され、
“一定水準の品質を確保”したことを保証する独自の「太鼓
判システム」や、廃棄物の100%再資源化やCO2の循環利
用など、生産現場において様々な取り組みを行っている。

  (第2回)
  日 時:平成22年8月3日(火)
   見学先:モリ工業(株)河内長野工場(河内長野市)
        月間3,000トンを生産する、ステンレスパイプメーカーとし
ては国内最大規模の工場。造管機などの生産設備、金型やロ
ール類のほとんどを自社で設計・製作している。機械工場に
は、最新鋭の工作機械や金型製作設備などを設置しており、
業績躍進の大きな原動力になっている。
 
  (第3回)
  日 時:平成22年9月8日(水)
   見学先:(株)椿本チエイン 京田辺工場(京都府京田辺市)
        産業用チェーン分野で世界第1位のシェアを誇り、毎月
5,000種類にもおよぶ形状・サイズ・材質などの異なるチェ
ーンを生産しているほか、自動車エンジン用のタイミング
チェーンでも国内トップシェアを維持している。
        京田辺工場は、最新鋭の製造設備と物流システムを導入し
        た同社の主力工場。

  (第4回)
  日 時:平成22年10月7日(木)
  見学先:(株)クボタ 堺臨海工場(堺市) 
        同社は小形産業用ディーゼルにおいて世界トップクラスの
        シェアを誇り、堺臨海工場は日本最大級の小型汎用エンジ
        ン工場で、最新鋭の情報・技術システムと自動計測設備に
        より高い生産性と品質を誇る。
        また、「5ゲン(現場・現物・現実・原理・原則)主義」を
        取り入れ生産革新活動も行っている。

  (第5回) 未定


◆お申込み:下記HPから申込書をダウンロードの上、必要事項をご記入頂き、
事務局までFAXにてご送信ください。
         <FAX送信先:06-6944-6249>
         
http://r26.smp.ne.jp/u/No/129311/d9ENGhH7ci0D_103395/0708_mono_gen22.html


■お問合せ先:
 大阪商工会議所 経済産業部 産業・技術振興担当
 TEL:06-6944-6300 FAX:06-6944-6249

posted by Mark at 15:27| Comment(0) | セミナー・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。